お知らせ
最新の投稿
男性のお腹を計る女性

ダイエットして痩せたいと決意し、思い切ってダイエットをしてみたものの最終的にリバウンドして、ダイエット前よりも体重が増えてしまう原因として、痩せようとする前に明確な目標を立てないからという理由が挙げられます。
漠然と、ただ少し痩せたいという理由で食事制限や運動を始めて、数キロぐらい痩せると、もうこれぐらいでいいかと考えがちです。
というのは、ダイエット開始から数キロ痩せるにはだいたい一週間から二週間程度の期間がかかり、その間、必死に食事制限と運動を行ったことを考えると、あんなに頑張ったのにこれしか痩せなかったと落胆してしまうことが多いからです。
そうならないためにも、痩せようとする前に何キロ痩せたいのか、具体的な目標を立てることにしましょう。

そして、出来ればいつまでにという時間制限も設けるといいでしょう。
時間制限を設けると、食事制限がどんな大変でも、あと何日頑張ればいいという気持ちになり、続けやすいです。
たとえば、同窓会などのイベントがある日までという設定をすると、なぜ自分が痩せないといけないのかということをはっきりと考えられるようになり、モチベーションが上がります。
また、食事制限を行う場合は、一日に何キロカロリーまでしか摂取しないと決めると、食事の献立を決めるのが楽になりますし、また、体重がどう減っていくのか計算が立てやすいです。
摂取カロリーが一定であれば、停滞期が来たときに、前回の停滞期はこれぐらいで抜けたから、今回も同じぐらいだろうと簡単に推測が出来ます。
摂取カロリーを決めず、適当にご飯を食べていると、体重が変わらない期間は停滞期なのか、それとも食べ過ぎなのかを判断することが出来ず、後者だと思い込んでしまうと、無謀な食事制限に走ってしまう危険性があります。